早漏から卒業して彼女ができた男性

パートナーに不快な思いをさせてしまう早漏とはさよならしたいと思いませんか?安心してください、実は早漏を解決する簡単な方法があるんです!私の体験談を交えながら解説しますので、参考にして頂ければと思います。

早漏の悩み、自分だけで抱え込んでいませんか?

早漏に悩んでいる男性は、自分以上に女性が悩んでいることを忘れてはいけません。
男性は快感がピークになると射精するため、射精するということは快感を得ている証拠なのです。
しかし、女性はオーガズムを感じるまでの時間が男性よりも長く、一般的に10分くらいかかると言われています。
多くの男性は10分以内に射精しますから、女性を満足させられていません。
オナニーなら1分で射精しようと自分の勝手でしょうが、SEXとなるとそうはいきません。
相手を満足させる必要がある以上、女性の本音を聞いてみることも必要でしょう。
女性は男性を気遣うあまり、早漏のことを指摘してくることは少ないでしょう。
だからこそ男性から聞くようにして、持続時間はどうか確認してみましょう。
女性が満足していれば問題ありませんが、もう少し持続時間が長いほうがいいと思っているかもしれません。
3分くらいで射精してしまう場合、ほとんどの女性は満足できていないでしょう。
男性側としても10分を目標にして持続時間を延ばしていきたいものです。
最近は画期的な早漏治療薬も登場しており、飲むだけで持続時間を2~3倍に延ばしてくれます。
3分くらいで射精してしまう男性も、薬を服用すれば女性が満足するレベルまで持続させることが可能です。
内服薬以外にも外服薬のリドカインは即効性がある成分が配合されていて、その治療薬の名前はキシロカインゼリーというものです。
早漏に悩んでいるのは男性よりも、むしろ女性かもしれません。
持続時間を10分程度に保てるなら、女性の反応に合わせながら射精する余裕も出てくるでしょう。
早漏は焦りを生んでしまい、女性の反応を確かめることができなくなります。
リラックスしてSEXを楽しむためにも、10分くらいは持続させたいものです。
15分の持続ができれば、女性としても十分に満足できるはずです。

手遅れではありません、今からでも早漏を治せます!

早漏のことで悩んでいてどうすることもできないと思っている人もいるかも知れませんが、早漏というのは治すことが可能となっています。
治す方法というのは原因によっても様々ですが、刺激に慣れていないという場合には刺激になれる訓練をすることで射精までの時間をのばすことができます。
方法も至って簡単なもので、射精ギリギリまで性器を刺激して直前になって刺激を止めるというだけです。
これを繰り返すことによって刺激に対して慣れることができ、射精までの時間をのばすことができます。
早漏の人というのは自慰行為をする際に、マイペースで射精をすることができるためすぐに出してしまうことが多いのですが、そのようなやり方をしていると体がすぐに射精をついてしまう癖がついてしまうので早漏になってしまいます。
それを治すために自らコントロールをして 射精を我慢することで早漏を改善することができるのです。
次に若い人にありがちなものとして性体験が少ないことで、性行為をすると過剰に興奮をしてしまいすぐに射精をしてしまうというものです。
この場合、場数を踏むことが一番ですから相手に慣れていないことを伝えて、なれるまで頑張ってみると良いでしょう。
すぐに射精をしてしまうということを誤魔化したりすると不仲の原因ともなってしまうので、素直に相手に早漏で悩んでいることを伝えて協力をしてもらうようにしましょう。
特に物理的な刺激にも性行為の刺激にも慣れていなくて、すぐに射精をしてしまう場合にはパートナーの協力によってトレーニングをすることで効果的に改善をすることができるので悩んでいるのであれば相手に助けてくれることも大切です。
そして、早漏の自分を変えたいなら最終手段としては薬によって射精までの時間をのばすことができる方法もあるので、このような方法をためしてみるという手もあります。

早漏治療にありがちな事

男性は早漏で誰にも相談できずに悩んでいる人もいます。
早漏は、膣内にペニスを挿入してから射精するまでの時間が短いことや、射精を自分でコントロールできず、女性より早く男性の方が射精をしてしまうことを言います。
女性が満足しないので、不満に感じる人も多く男性はコンプレックスを感じてしまい、勃起不全になるケースもあります。
早漏の原因としては、包茎が原因になるケースもあります。
普通の人は、普段の生活の中で亀頭が下着に自然にこすれるので、亀頭が刺激に強くなり、女性との性行為でも射精のコントロールがしやすくなりますが、包茎だといつも亀頭が包皮で守られているので刺激に弱く、性交時の時の亀頭への刺激で早漏になりがちです。
包茎手術を受けることで、早漏の悩みが解決することもあります。
包茎でなくても亀頭の粘膜が刺激に弱く敏感な人は、ちょとした刺激で射精してしまうケースもよくあります。
この場合の早漏治療としては、注射によち亀頭強化治療を受けることです。
亀頭に膜を敷き詰めた感覚になるので、粘膜が刺激に強くなり射精の時間をコントロールできるようになります。
陰茎自体が刺激に弱い場合も、早漏の原因となるケースもあります。
治療方法としては陰茎増大術で、陰茎全体に注射材を注入することで、陰茎全体が刺激に強くなり早漏が改善することがあります。
ペニスのうら筋への刺激が強い場合は、手術で小帯を切除する治療方法もあります。
セックスのコンプレックスやストレスなどの心理的原因も射精をコントロールできない原因となります。
治療方法としては、ED治療薬が効果的です。
ED治療薬でも改善しない場合は、抗精神薬の処方や自律神経の訓練を行うといいでしょう。

▼世界初となるED改善と早漏改善の効果を併せ持ったスグレモノです!
スーパーカマグラの効果