早漏から卒業して彼女ができた男性

パートナーに不快な思いをさせてしまう早漏とはさよならしたいと思いませんか?安心してください、実は早漏を解決する簡単な方法があるんです!私の体験談を交えながら解説しますので、参考にして頂ければと思います。

包茎手術で早漏治療!手術跡の後遺症での悩み

有力な早漏治療が手術です。
包茎を起因とする早漏で悩んでいる方にとっては、抜本的な治療法といえます。
包茎の方は、普段、亀頭部が包皮によって包まれているので刺激に対して弱いことから、性交渉時に射精を我慢したり、コントロールできないのです。
この悩みを解決するのが包茎手術ですが、通常時に包皮がかぶり勃起時に亀頭が露出する仮性包茎は、一般的なので治療は必要ありません。
治療が必要となるのは、勃起しても革を被ったままの真性包茎や、勃起したさいに亀頭のカリの部分がきつく締められてしまうカントン包茎です。
包茎手術をするクリニックや包茎の種類によって異なります。
安価な病院では4万円前後、高くても30万円ほどが相場となっており、手術を担当する医師の技術によって違ってきます。
包茎治療は抜本的な早漏治療なので、快適な性交渉を行うことができますが、自分のペニスをまじまじと見る機会も増えることから、早漏で悩んでいた時とは違う悩みを感じることがあります。
その悩みが、手術による後遺症です。
包茎手術を受けるとカリの下2mm~3mmほどにメスを入れ、そこからから数cmの包皮を取り除くため、手術跡が残ってしまうのです。
法形でなくなったことで自信につながり、フェラチオなどの性行為を楽しむ中で気になることが増えているのです。
包茎のみを治すなら4万円~10万円ほどでできますが、手術跡を綺麗に消すといったサービスはオプションとして提供されていますので、安いから良いというわけではありません。
早漏治療のために包茎手術をする場合は、性交渉が活発になることを想定しましょう。
手術費用が10万ほど高くなりますが、あらかじめ手術跡が残らない手術がおすすめです。