早漏から卒業して彼女ができた男性

パートナーに不快な思いをさせてしまう早漏とはさよならしたいと思いませんか?安心してください、実は早漏を解決する簡単な方法があるんです!私の体験談を交えながら解説しますので、参考にして頂ければと思います。

早漏で多い過敏性早漏はオーガズムの調整で治そう

過敏性早漏は若者に多く見られる早漏であり、通常よりもオーガズムに早く到達してしまうのが特徴です。
SEXの最終目的はオーガズムを感じることですが、3分持続できないようであれば要注意でしょう。
医学的な定義では1分以内とされますが、1分では本当にあっという間に終了してしまいます。
女性としては3分でも早いと感じており、実際に3分以内にオーガズムに到達できる女性はほとんどいません。
オーガズムを感じるためには、その3倍超の持続時間が必要だと言われています。

過敏性早漏を治すためには、早漏治療薬も効果的です。
最近は経口薬も登場しており、脳の興奮を抑えることで射精までを遅らせるのです。
亀頭が過敏すぎて困っている方には、亀頭に直接塗るクリームなども効果的でしょう。
本来、感度が鈍くなるとSEXの楽しみも軽減しますが、敏感すぎる方にとってはちょうどよい感度になります。

過敏性早漏は自然と治ることが多いですが、SEXの頻度が少ない方だと治るのに時間がかかります。
SEXをすることで亀頭が強化されて、射精コントロールが可能になるのです。
通常であれば1年くらいで過敏性早漏は治るものですが、SEXの頻度が極端に少ないと数年はかかることがあります。
包茎の方だとさらに時間を要するため、必要に応じて包茎治療も行うべきでしょう。
過敏性早漏を治すためには亀頭を鍛えていく必要があるので、衣服と常に擦れ合うようにするべきです。
亀頭を露出することで空気に触れやすくなり、雑菌の繁殖を抑えて亀頭包皮炎を抑えるメリットもあります。
性感染症の軽減も期待できるので、包茎に由来する過敏性早漏ならば早漏治療薬を飲むだけでなく、包茎手術も考えるべきでしょう。