早漏から卒業して彼女ができた男性

パートナーに不快な思いをさせてしまう早漏とはさよならしたいと思いませんか?安心してください、実は早漏を解決する簡単な方法があるんです!私の体験談を交えながら解説しますので、参考にして頂ければと思います。

早漏は包皮を剥き入れ手のひらで亀頭を刺激で改善

早漏のことで悩んでいる男性は少なくありませんが、中には包茎が原因ですぐに射精をしてしまうというケースも少なくありません。
包茎と早漏がどのように関係するのか気になる人もいることでしょうが、包茎だと亀頭が外部からの刺激を受けづらく刺激に慣れていない状態になります。
性行為の際に勃起をして亀頭が剥き出しになると、今まで受けることがなかった刺激を亀頭が直接受けることになるので慣れていない刺激によってすぐに射精をしてしまうということになるのです。

そこで、そのような理由によって早漏になっている場合の改善方法としては、包皮を剥き入れて自慰行為をして射精ぎりぎりまで我慢をして射精をしそうになったら亀頭を手のひらで押さえつけて我慢をします。
これを繰り返すことによって徐々に刺激に対して慣れることになり、性行為の際にも簡単に射精をしづらくなるということになるのです。
これは一人でもできる簡単な方法ですが、パートナーに協力をしてもらえばより効果的な訓練となります。
ひとりでは刺激をコントロールすることができますから、ぎりぎりの前に弱めてしまうといったことや射精しづらい刺激に変えてしまうこともありますが、他人の手であればそのようなコントロールがききませんからより実践的な刺激となり刺激に耐える訓練としては最適なものとなるのです。
また、パートナーにしてもらうという状況が性的な興奮をもたらすシチュエーションになりますから、そのようなシチュエーションに対して慣れる意味でもパートナーに協力をしてもらうのは効果的なものとなるのです。
相手が助けてくれるのであれば助けてもらい、協力してくれないのであればひとりで地道に特訓をしてみましょう。